下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)と大腸ポリープ粘膜切除術の実施


スポンサーリンク

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)の実施

以前の記事で触れましたが、大腸がんの症状があったため、消化器内科にかかり、本日4月12日に下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を実施していただきました。

昨夜の夕食は、お粥を午後7時ころに食べました。病院の指示通り、午後9時にマグコロールPを200mlの水で溶かして飲みました。その後午後10時にピコスルファートNaを3錠飲みました。午後11時には下剤が聞いて、寝る前に用を足しました。

その後も一晩中、おなかが痛かったのですが、眠いので起きずに、朝に用を足しました。下痢以上の水便でしたが、不思議とおなかを壊した時のような腹痛はありませんでした。

病院に着いてすぐにトイレに行き、検査室に行きました。指示通りに2時間かけて、2リットルの下剤をゆっくり飲みました。飲む前からおなかは下っていたのですが、9時から実施して10時には、トイレに3回は行きました。

ここからが問題で、私だけ一向に飲んだ下剤が濁ったまま、透明にならず、なかなか便も出にくくなって、困ったことなりました。「歩いてください」の指示で病院内外を歩いてはトイレに行きましたが、濁りは簡単には取れませんでした。

結局「OK」が出たのは、12時30分頃でした。早い人と1時間ほどの差が付きました。便秘症の人は時間がかかるようです。

2時30分頃に呼ばれて検査室に入りました。お知りに穴の開いた紙パンツに履き替えて、いよいよ内視鏡検査です。鎮静剤の注射をされてするすると内視鏡が入ってきます。

ところどころ痛い箇所があるとは聞いていましたが、おなかも張ってところどころか、ずっと少し痛かったのです。私の場合、最深部まで行くのに結構手間取っておられました。

見にくいのですが、患者もモニターを見れますので、食い入るように見ていました。先生に「どうですか?」と聞くと「今のところ何もありません。」とおっしゃった後にすぐ、「一つ見つかりました。」と言われました。

私も見ていましたが、説明で聞くようなポリープではありませんでした。素人目では分からないようなもので、内視鏡を押したり引いたりするとようやくわかるくらい医師の目でも分り辛い小さなものでした。

早速ですが、「大腸ポリープ粘膜切除術を実施します。」ということで、痛み止めの筋肉注射をされて、施術してもらいました。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)とは、大腸腫瘍の下面に生理食塩水及び糖液などを局所注射し、拳上させ、金属の輪(スネア)で縛り上げて電気的に切除するものです。

私の目では本当に分り辛かった通り、医師もポリープを金属の輪(スネア)で縛り上げるのに苦労されていました。

切除の瞬間もモニタでよく見れました。その後出血したので、止血されました。その後やり取りが嫌だったのですが、切除したポリープがどこかに挟まって取れなくなったようで、三人の医師がかかり、ようやく処置できたようなので、こちらも緊張しました。

結局ポリープは1ヶ所だったようです。私は一人合点して、かなり進行したものが見つかると勝手に思い込んでいたのですか、そうではなかったようです。

後の説明で聞いたのですが、「ガン」を掘り下げて発見するには、相当時間がかかるようです。私は検査結果の診察が、5月17日と言われました。ゴールデンウイークがあるとはいえ、1か月後というのは長いです。

大腸ポリープ粘膜切除術を実施した後は傷口を守るため、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)だけの人と後処理が結構大変です。

治療後の生活について

●食事:術後の大腸を刺激すると出血してしまう恐れがありますので次のことを守ってください。

治療当日

・主食はお粥にしましょう
・白身魚、卵、豆腐など消化の良いたんぱく質を取ってください。
・調理方法は煮物や蒸し物が良いでしょう。
・野菜などは繊維の少ないものを軟らかく煮てください。

治療後1週間

・消化の悪い食べ物は避けましょう
   脂っこいもの(脂肪の多い肉、ハム、ベーコン、など)
   固いもの(丸干し、塩辛、イカ、タコ、貝類など)
   植物繊維の多いもの(たけのこ、ゴボウ、キノコ類、海藻類など)
   調理に油の多いもの(フライ、てんぷらなど) 

・刺激物は避けましょう
   香辛料(こしょう、唐辛子、カレー粉、七味など)

・アルコールは禁止です

・暴飲暴食はしないでください。

ということでした。満を持してということなのでしょう。

人工的な潰瘍ができているため、出血防止のようです。

●喫煙

潰瘍の治りを遅くし、血行が良くなるため、潰瘍からの出血を促す危険があります。

●仕事

力仕事でなければ支障ありません。しかし、重い荷物を持ったりするとお腹に力が入ります。これがきっかけで急に潰瘍から出血したり、腸に穴が開いたりしたいう報告もあります。力仕事は術後7日間は避けた方が良いでしょう。

●運動

どんな運動も腹圧がかかります。術後、7~10日間は避けてください。ゴルフやウォーキングなども全て止めてください。

●入浴

長時間の入浴や厚いお湯での入浴は血行を良くし、出血を促すことがあります。治療当日はシャワーのみとしてください。翌日から入浴は可能です。ただし、温泉やサウナはやめてください。

●旅行

出血等の合併症の心配がありますので、2週間は避ける方が望ましいでしょう

●車の運転

術後3日間は長時間の運転は避けてください。

●排便

いきむと腹圧がかかるので、いきまないようにしましょう。しばらくは便の観察をしてください。

●内服

基本的に普段内服されている薬は服用されて構いません。しかし、服用不可能な薬もあるため必ず、医師やスタッフに相談してください。(特に心筋梗塞、狭心症、不整脈、脳梗塞の治療の方はご注意ください)

以上、病院からいただいた注意書きを掲載しました。ポリープの切除くらいと簡単に考えていたのが間違いのようです。

後は、術後も何もなく、ポリープも良性ならすべては良しなのですが、安易に考えるといい結果にならないので、自粛するしかありません。

六日分の血糖値と食事に合せたインスリン注射量です。

インスリン量(単位) 3月20日より。

下血糖値mg/dl朝食前昼食前夕食前夕食前または眠前
〜100891013
100〜1509101114
150〜20010111215
200〜25011121316
250〜30012131417
300〜35013141518

朝食カロリーが600kcl、昼食カロリーが700kcl、夕食カロリーを700kclを標準にしてインスリン注射量を決めています。
>糖尿病食をamazonで見てみる。


>糖尿病食を楽天市場で見てみる。

本日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:お粥。

・朝食前血糖値は低く、68mg/dlでした。
・朝食:抜き。
午前中は、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)でした。

・昼食前血糖値は低く、84mg/dlでした。
・昼食:「なか卯」温玉うどん。
午後からも、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)でした。

・夕食前血糖値は高く、171mg/dlでした。
・夕食:お粥、玉子焼き。

2019-4-12

血糖値食事インスリン注射量ランタス
昨夕時171お粥1215
今朝時68朝食抜き  
今昼時84お粥8 
今夕時171お粥、玉子焼き1215
昨日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:「なか卯」牛皿定食。

朝食前血糖値は低く、59mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト。
午前中は、現場作業でした。

・昼食前血糖値は少し高く、138mg/dlでした。
・昼食:「なか卯」温玉うどん。
午後からも、現場作業でした。

・夕食前血糖値は高く、171mg/dlでした。
・夕食:お粥。

2019-4-11

血糖値食事インスリン注射量ランタス
昨夕時138牛皿定食1215
今朝時59食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト8 
今昼時138温玉うどん10 
今夕時171お粥1215
一昨日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:天ぷらうどん、サラダ。

・朝食前血糖値は高く、231mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト。
午前中は、現場作業でした。

・昼食前血糖値は低く、55mg/dlでした。
・昼食:「コンビニ」おにぎり2個。
午後からも、現場作業でした。

・夕食前血糖値は少し高く、138mg/dlでした。
・夕食:「なか卯」牛皿定食。インスリン注射量は1単位多く打ちました。

2019-4-10

血糖値食事インスリン注射量ランタス
昨夕時177天ぷらうどん、サラダ1215
今朝時231食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト11 
今昼時55親子丼9 
今夕時138唐揚げ定食1215
二昨日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:塩サバ、豚肉と大根、サラダ、ご飯一膳180g。

・朝食前血糖値は高く、216mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト。
午前中は、現場作業でした。

・昼食前血糖値は低く、92mg/dlでした。
・昼食:「なか卯」親子丼。
午後からは、デスクワークでした。

・夕食前血糖値は高く、177mg/dlでした。
・夕食:天ぷらうどん、サラダ。インスリン注射量は1単位多く打ちました。

2019-4-9

血糖値食事インスリン注射量ランタス
昨夕時210塩サバ、豚肉と大根、サラダ、ご飯一膳180g1316
今朝時216食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト11 
今昼時92親子丼9 
今夕時177天ぷらうどん、サラダ1215
三日前のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:宵越しのビーフカレー、サラダ。

・朝食前血糖値は少し高く、162mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト。
午前中は、病院へ薬をもらいに行きました。

・昼食前血糖値は高く、226mg/dlでした。
・昼食:「なか卯」坦々うどん。
午後からは、デスクワークでした。
・夕食前血糖値は高く、210mg/dlでした。

・夕食:塩サバ、豚肉と大根、サラダ、ご飯一膳180g。インスリン注射量は1単位多く打ちました。

2019-4-8

血糖値食事インスリン注射量ランタス
昨夕時

332

宵越しのビーフカレー、サラダ1518
今朝時162食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト10 
今昼時226坦々うどん12 
今夕時210塩サバ、豚肉と大根、サラダ、ご飯一膳180g1316
四日前のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:ビーフカレー、かぼちゃと鶏肉、サラダ。

・朝食前血糖値は、測れていません。
・朝食:。
午前中は、朝の5時に寝たので、寝ていました。

・昼食前血糖値は高く、248mg/dlでした。
・昼食:食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト。
午後からは、出かけました。

・夕食前血糖値は高く、332mg/dlでした。
・夕食:宵越しのビーフカレー、サラダ。インスリン注射量は1単位多く打ちました。

2019-4-7

血糖値食事インスリン注射量ランタス
昨夕時

303

ビーフカレー、かぼちゃと鶏肉、サラダ1518
今朝時    
今昼時153食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト10 
今夕時332宵越しのビーフカレー、サラダ1518

スポンサーリンク


6 Replies to “下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)と大腸ポリープ粘膜切除術の実施”

  1. 1日がかりで検査と手術大変お疲れ様でした。やっと見つけられたほどの小さいポリープということで、良性の可能性が高いと思われると思いますし、お祈りも送りたいと思います。食生活をいくら気をつけていても、一番恐ろしいのがストレスではないかと思うので、一ヶ月落ち着かない時間も辛いと思いますが、ゆっくり養生して下さい。
    お大事に。

  2. ある時から献立欄の下部と血糖値の写真が重なってしか見ることができず、こちらの不具合なのか原因がわからない状態です。
    コメント送信も管理者の承認待ち扱いの対象となっていることに関係しているのでしょうか?

  3. 大腸カメラ 僕も数年前にやりました。

    激しい下痢が続き、血便が出るようになってしまい…。
    潰瘍性大腸炎が疑わしいとのことでやりました。
    結局、出血源は内痔核からでしたが……。
    大腸カメラの結果、過敏性腸症候群と診断され 薬を飲んでます。
    あと、痔にかんしても定期的な検査ですね→これとっても嫌です複雑な気分になります。

  4. 昨日、定期受診でした。もう覚えてないくらい診察して貰って来ましたが….. 毎回複雑な気分になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です