過度のドーパミンと過度のノルアドレナリンを制御するのに重要なセロトニン

Spread the love
きっと得する情報がこちら!!

脳内の3大ホルモン、「セロトニン」「ドーパミン」「ノルアドレナリン」というものがあります。

パニック障害の患者が、よく耳にするものが、セロトニンです。

ドーパミンとは

人間の強烈な欲求の1つに「快感」を得たいという事があります。簡単に説明しますと「努力して報酬を得たい」ということです。人間にとっての報酬は「快感」です。具体的には、地位や名誉、お金、美貌などが報酬となります。

「快感」を操っているのが、脳内のドーパミン神経です。報酬を得る事が出来た時に、快感物質ドーパミンが分泌されます。オリンピックで、水泳の北島康介選手が金メダルを取ったレース直後に「チョー気持ちいい」と言っていましたが、あの状態がまさに、ドーパミンによって脳が興奮し「快感」を得ている状態です。

こうした「快感」は、心地良さと同時に「意欲」をもたらします。次はもっと良い結果を出したいという意欲が湧く訳です。良く出来た仕組みなのですが、ここに落とし穴が隠されています。報酬が得られなかった場合、得られなかった「快感」が「不快」として認知され、大きなストレスとなってしまうのです。

引用:セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンについて

ノルアドレナリンとは

ノルアドレナリン神経は、外部からの危険やストレスに対して「瞬時に様々な情報を分析し、経験と照らし合わせて、最前の行動を選択する」という機能を担っています。危険を感じると、心身を臨戦態勢に整えてくれる訳です。

私達人類がこれまで生き延びてこれたのは、ノルアドレナリン神経のお陰と言えるでしょう。いざという時には身を守ってくれるノルアドレナリン神経ですが、過度のストレスに晒され続けると、ノルアドレナリンの分泌が過剰になり、脳の興奮がコントロールできなくなってしまいます。

このような脳の異常興奮は、怒りを生みます。ノルアドレナリンが別名で怒りのホルモンとも呼ばれているのはこのためです。また、うつ病やパニック障害、対人恐怖症などの、さまざまな精神疾患の原因にもなります。

セロトニンとは

セロトニン神経の主な役割は、精神を安定させ、幸福感を生み出すことですが、ここでは、ドーパミン神経とノルアドレナリン神経との関係に焦点を当てて説明していきます。セロトニン神経は、先に紹介した2つの神経もコントロールすることができる、脳の舵取りも担当しています。

具体的には、ドーパミン神経が「快感」で過剰に興奮しすぎないように、ノルアドレナリン神経が過度のストレスという「不快感」で落ち込むことが無いように、この2つの神経をバランス良くコントロールしてくれるのです。

そのため、セロトニンがきちんと分泌されていないと、ドーパミン神経もノルアドレナリン神経も暴走してしまい、心と体の健康が損なわれてしまうのです。

ということで人が快感を得られないと過度のストレスが発生して、その快感を得ようと酒やたばこに依存してしまうということです。

いずれにせよ、過度な摂取は、身体に不調をきたします。

快感とストレスを司るのがセロトニンというもので、パニック障害患者はセロトニン分泌の制御が利かなくなり、不眠から不安や恐怖感が通常人より、激しくなっているというものです。

セロトニン分泌が減少してしまった「うつ病」、「パニック障害」の患者にはセロトニン分泌を促すため、「抗うつ剤」が投薬されるということです。

 

「うつ病」「パニック障害」の予防

夢や希望が叶わず、将来不安から多くの人が「うつ病」や「パニック障害」を発症します。

その予防には、より多くの「快感」、つまり「欲」を持たないことです。

嗜好品に頼らず日常生活において、僅かな「快感」を得るようにすることが、大事です。

贅沢な食事ではなく、空腹感を満たしたり、お風呂に入ってリラックスしたり、眠ることの「快感」を感じることです。

思い返せば、「不眠」から「食事」かができなくなり、押し寄せる「不安」と「恐怖」に襲われていた時が、病中だったということです。

結局、正常なセロトニン分泌できる元気な身体を維持することが人生の最大の目標と言えます。


八日分の血糖値と食事に合せたインスリン注射量です。

インスリン量(単位) 

下血糖値mg/dl朝食前昼食前夕食前夕食前または眠前
〜1009101214
100〜15010111315
150〜20011121416
200〜25012131517
250〜30013141618
300〜35014151719

朝食カロリーが600kcl、昼食カロリーが700kcl、夕食カロリーを700kclを標準にしてインスリン注射量を決めています。

>糖尿病食をamazonで見てみる。

>糖尿病食を楽天市場で見てみる。

本日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:ロールキャベツ、サラダ、味噌汁、ご飯一膳180g。

・朝食前血糖値は高く、232mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、ヨーグルト、サラダ。
午前中は、現場作業でした。

・昼食前血糖値は少し低く、92mg/dlでした。
・昼食:醬油ラーメン。
午後からは、現場作業でした。

・夕食前血糖値は少し高く、169mg/dlでした。
・夕食:おでん、サバの甘煮、サラダ、ご飯一膳180g。

2019-12-10

血糖値 食事即効性インスリン注射量持続性インスリン注射量
昨夕時167ロールキャベツ、サラダ、味噌汁、ご飯一膳180g1416
今朝時232食パン1枚、ヨーグルト、サラダ12 
今昼時92醬油ラーメン10 
今夕時169おでん、サバの甘煮、サラダ、ご飯一膳180g1516
昨日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:チャンポン、サラダ 。

・朝食前血糖値は少し良好で、95mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、ヨーグルト、サラダ。
午前中は、現場作業でした。

・昼食前血糖値は良好で、97mg/dlでした。
・昼食:鶏の唐揚げ、オムレツ、サラダ、味噌汁、ご飯一膳180g。
午後からは、現場作業でした。

・夕食前血糖値は少し高く、167mg/dlでした。
・夕食:ロールキャベツ、サラダ、味噌汁、ご飯一膳180g。

2019-12-9

血糖値 食事即効性インスリン注射量持続性インスリン注射量
昨夕時173チャンポン、サラダ1416
今朝時95食パン1枚、ヨーグルト、サラダ9 
今昼時97鶏の唐揚げ、オムレツ、サラダ、味噌汁、ご飯一膳180g11 
今夕時167ロールキャベツ、サラダ、味噌汁、ご飯一膳180g1416
一昨日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:きつねとじうどん、サラダ、餃子 。

・朝食前血糖値は少し高く、175mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、ヨーグルト、サラダ。
午前中は、現場作業でした。

・昼食前血糖値は低く、64mg/dlでした。
・昼食:サンドウィッチ、ヨーグルト、サラダ。
午後からは、現場作業でした。

・夕食前血糖値は少し高く、173mg/dlでした。
・夕食:チャンポン、サラダ。

2019-12-8

血糖値 食事即効性インスリン注射量持続性インスリン注射量
昨夕時276きつねとじうどん、サラダ、餃子1618
今朝時175食パン1枚、ヨーグルト、サラダ11 
今昼時64サンドウィッチ、ヨーグルト、サラダ10 
今夕時173チャンポン、サラダ1416
二昨日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:煮込みハンバーグ、サラダ、コーンポタージュ、ご飯一膳180g  。

・朝食前血糖値は高く、220mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、ヨーグルト、サラダ。
午前中は、現場作業でした。

・昼食前血糖値は低く、76mg/dlでした。
・昼食:「松屋」ビビンバ丼。
午後からは、現場作業でした。

・夕食前血糖値は高く、276mg/dlでした。
・夕食:きつねとじうどん、サラダ、餃子。

2019-12-7

血糖値 食事即効性インスリン注射量持続性インスリン注射量
昨夕時185煮込みハンバーグ、サラダ、コーンポタージュ、ご飯一膳180g 1416
今朝時220食パン1枚、ヨーグルト、サラダ12 
今昼時76ビビンバ丼12 
今夕時276きつねとじうどん、サラダ、餃子1618
五日前のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:焼肉、サラダ、ふかひれスープ、ご飯一膳180g 。

・朝食前血糖値は少し高く、187mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、ヨーグルト、サラダ。
午前中は、現場作業でした。

・昼食前血糖値は少し高く、184mg/dlでした。
・昼食:「吉野家」チーズ豚丼。
午後からは、現場作業でした。

・夕食前血糖値は少し高く、185mg/dlでした。
・夕食:煮込みハンバーグ、サラダ、コーンポタージュ、ご飯一膳180g。

2019-12-6

血糖値 食事即効性インスリン注射量持続性インスリン注射量
昨夕時192焼肉、サラダ、ふかひれスープ、ご飯一膳180g 1417
今朝時187食パン1枚、ヨーグルト、サラダ11 
今昼時184チーズ豚丼12 
今夕時185煮込みハンバーグ、サラダ、コーンポタージュ、ご飯一膳180g1416
六日前のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:サバの煮つけ、エビチリ、サラダ、みそ汁、ご飯一膳180g。

・朝食前血糖値は高く、208mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、ヨーグルト、サラダ。
午前中は、現場作業でした。

・昼食前血糖値は低く、98mg/dlでした。
・昼食:カキフライランチ。
午後からは、現場作業でした。

・昼食がフライだったので、インスリン注射量をいつもより2単位増やしましたが、夕食前血糖値は少し高く、192mg/dlでした。
・夕食:焼肉、サラダ、ふかひれスープ、ご飯一膳180g。

2019-12-5

血糖値 食事即効性インスリン注射量持続性インスリン注射量
昨夕時85サバの煮つけ、エビチリ、サラダ、みそ汁、ご飯一膳180g1214
今朝時208食パン1枚、ヨーグルト、サラダ12 
今昼時98カキフライランチ12 
今夕時192焼肉、サラダ、ふかひれスープ、ご飯一膳180g1517
七日前のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:ツナマヨパスタ、サラダ、クラムチャウダー。

・朝食前血糖値は高く、183mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、ヨーグルト、サラダ。
午前中は、早朝現場作業でした。

・昼食前血糖値は低く、78mg/dlでした。
・昼食:スパゲッティミートソース、サラダ。
午後からは、現場作業でした。

・夕食前血糖値は低く、85mg/dlでした。
・夕食:サバの煮つけ、エビチリ、サラダ、みそ汁、ご飯一膳180g。

2019-12-4

血糖値 食事即効性インスリン注射量持続性インスリン注射量
昨夕時165ツナマヨパスタ、サラダ、クラムチャウダー1416
今朝時183食パン1枚、ヨーグルト、サラダ11 
今昼時78スパゲッティミートソース、サラダ10 
今夕時85サバの煮つけ、エビチリ、サラダ、みそ汁、ご飯一膳180g1214
八日前のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:天津麺、かぼちゃと鶏肉、みそ汁、ご飯一膳180g。

・朝食前血糖値は高く、231mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、ヨーグルト、サラダ。
午前中は、点検作業でした。

・昼食前血糖値は高く、265mg/dlでした。
・昼食:和風チャンポン。
午後からも点検作業でした。

・夕食前血糖値は少し高く、165mg/dlでした。
・夕食:ツナマヨパスタ、サラダ、クラムチャウダー。

2019-12-3

血糖値 食事即効性インスリン注射量持続性インスリン注射量
昨夕時203天津麺、かぼちゃと鶏肉、みそ汁、ご飯一膳180g1517
今朝時231食パン1枚、ヨーグルト、サラダ12 
今昼時265チャンポン和風14 
今夕時165ツナマヨパスタ、サラダ、クラムチャウダー1416

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です