突破するのが難しいデジハネP〈物語〉シリーズ セカンドシーズン(甘デジ) で6連+4連の実践演出と「こよみドリーム」突入打法

「デジハネP〈物語〉シリーズ セカンドシーズン(甘デジ) で初当たりの2回とも「こよみドリーム」に突入

時短115回転の 「こよみドリーム」 まで道のりが遠い、「デジハネP〈物語〉シリーズ セカンドシーズン(甘デジ)」です。

前機の「CRA 偽物語」(甘デジ)とスペックも似ているのですが、今機は、ST機ではなく、通常確率の突破型になっています。

何度もトライしましたが、 「こよみドリーム」 には、一度は行っただけで、連チャンもしませんでした。

本日は、135回転の「遊タイム」狙いの台があったので、座りました。

この台の最大の魅力は、10R当たりをすると1500玉の払い出しがあることです。それも、右打ち中の電チュー入賞当たりは35%もあります。

空いていたのは、前々日21回、前日38回の台で、初当たり1回目が、8回転で単発スルー、2回目が、64回転で単発スルー、3回目が77回転で3連、4回目が、137回転で6連、5回目が、155回転で4連、6回目が、477回転で2連、7回目が、165回転で 単発スルー 、8回目が、243回転で、2連、9回目が、267回転で単発スルー、10回目が、123回転で単発スルーの台でした。135回転で空いていました。

1K12回転くらいの台でした。「遊タイム」がなければすぐにやめていた台です。「遊タイム」までカウントダウンの投資、9.5Kの246回転で、「リュック」保留+タイマー予告+貝木現象(激アツ演出選択)+万怪鏡ギミック可動+キリン柄タイトル+「怪異」SPリーチ+キリン柄クレイジーギア「引け」→「2」当たり。

貝木現象(激アツ演出選択) では、キリン柄orキリンフラッシュor參血予告or怪異SPの贅沢な4択でした。

昨日は、「PF 戦姫絶唱シンフォギア 2(1/77ver)」で300回転で当たって「遊タイム」に入らなかったばかりです。「ついてないな。」と思いながらもシンフォギア2と同じように20秒数えてから、打ち出しました。

2連目は「こよみチャレンジ」に突入して9回転で10R当たり

予想外の展開でした。「こよみチャレンジ」に突入して、僅か9回転で、「おめでとう」の掛け声から「7」プラチナボーナス10R当たりしました。

3連目34回転、3R当たり

3連目は「ばないなゾーン」中の34回転で3Rプチボーナス3R当たりしました。

4連目30回転「7」10R当たり

4連目も「ぱないのゾーン」中の30回転で「」プラチナボーナス10R当たりしました。

5連目35回転「7」10R当たり

5連目も「ぱないのゾーン」中の35回転で「」 プラチナボーナス10R当たり 。

6連目109回転、「4」5R当たり

6連目も「ファイヤーモード」終了間際の109回転で「」」プチボーナス3R当たり。

データ表示

初当たり2回目は144回転「8」3R当たり

続行した時短込みの144回転、「青」→「赤」ドーナツ保留+ 段怪ギミック + 万怪鏡盤面「我慢」+ 参血予告 +最終段怪+シリアスSP後半→「」3R当たりしました。

時短後すぐのことでした。

2連目 は「こよみチャレンジ」に突入して19回転3R当たり

予想外の展開でした。「こよみチャレンジ」は失敗すると思い込んでいたら、今度は僅か19回転で、入賞音+「怪」保留+コミカルSPリーチ 「真宵」 +背景「レインボー」タイマー「2」プチボーナス10R当たりしました。

3連目55回転「7」

連目も「こよみドリーム」中の55回転で、入賞音+「赤」保留+「」テンパイ+VS火燐と月火→「7」プラチナボーナス10R当たりしました。

4連目32回転5R当たり

4連目は、「こよみドリーム」中の35回転、ハッピーボーナス5R当たりしました。

5連目はスルー

5連目は、結構暑そうなリーチを外して、スルーしました。

データ表示

結果発表

総投資が9.5Kで、回収が6934玉の24.6Kでプラス15.1Kでした。

「こよみチャレンジ」 突破打法

本日は、初当たりの2回とも 「こよみチャレンジ」を突破して、「こよみドリーム」で連チャンできたので、突破方法を紹介します。

RUSHに入り辛く、入っても連チャンしないPF 戦姫絶唱シンフォギア 2(1/77ver)を連チャンさせる方法でも説明しているのですが、初当たりを引いたら、まずは「RUSH」突入打法です。大当たりラウンドが終了したら、右打ちのまま、ストップボタンを押して、 全保留を消化してから次に 20秒数えてストップボタンを離して打ち出します。

この台なら「RUSH」ではなく「こよみドリーム」突入となります。20秒~30秒くらいを目安にしています。

連チャン継続打法は、大当たりラウンドが終了したら、ハンドルから手を放して、上記と同じく、 全保留を消化してから次に 20~30秒待って右打ちします。40回転まで打ちっぱなしです。

41回転から演出が変わるので、40回転から全保留を消化して、また20~30秒経ってから右打ちします。

上の6連と4連はもこの打ち方をした結果です。

関連記事

スポンサーリンク

管理人お薦め記事:記事数777以上の中からお薦め記事を掲載しています。
Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。