P GO!GO!マリン 超連撃BATTLE-パチンコ新台|評価、感想と不調台を見切って好調台で立ち回る方法

「P GO!GO!マリン 超連撃BATTLE」パチンコ新台スペック、保留、演出、評価

「Pストライクウイッチーズ スーパー129Ver.」の次台としてホール登場しました。パチンコメーカー、SANYOグループのサンスリーの台です。

「P海物語」のキャラが登場するだけでスペックも演出も全く別物の「小当たりRUSH」付きの高継続の確変ループです。

通常時の確率が、1/319.6で「RUSH」突入率が、50%で「RUSH」中(電チュー入賞時)の確率は、1/4.4となります。小当たりと大当たりの合算継続率は、パチンコ史上最高と言ってよい、97.8%となります。

ヘソ入賞時は、2R確変+小当たりRUSH+次回までで出玉300個が50%、2R通常当たりも出玉300個で50%です。

電チュー入賞時は2R確変+小当たりRUSH+次回までで出玉300個が70%、10R確変+小当たりRUSH+次回までで出玉1500個が10%、2R通常当たりも出玉300個で20%です。

GO!GO!RUSH
継続率約97.8%の小当たりRUSHのことです。小当たり(約1/4.9で発生)、または確変大当り当選なら小当たりRUSHが継続、通常大当たりなら小当たりRUSH終了となります。また、ゲーム性が異なる演出モードが2種類あり、「RUSH」開始時や「RUSH」中に切り替えることが可能です。

MAGICAL BONUS
通常時に「7」図柄が揃う、または「7」以外の図柄揃いで発生するスカールバトルで勝利するとMAGICAL BONUSに当選します。2R分の出玉獲得後、「GO!GO!RUSH」に突入する。

リベンジBONUS
通常時に「7」以外の図柄が揃うと発生するスカールバトルで敗北してしまうと「リベンジBONUS」なります。基本的には2R分の出玉獲得後に通常時へ戻りますが、復活演出が発生して「GO!GO!RUSH」へ再突入することもあります。

RUSH」中の演出は「マジカルバトルモード」と「インフィニティモード」の2種類から選択できます。「マジカルバトルモード」は図柄揃いで大当たりとなるモードで、「「インフィニティモード」はいつまでBONUSが続くかわからない上乗せ型ノーリミットモードです。

重要演出

注目演出
GO!GO!アタック
満月演出
マジカル魚群演出

・満月保留以上
・タッチ保留変化

・チャンス目演出
・穢れエフェクト先読み予告
・入賞時隆起ボタン予告

・ストーリー連続演出×3
・魔法陣出現演出
・リヴァイアサン強襲あおり
・スカール強襲あおり
・マジカルムーンフリーズ予告
・タイムブレイク予告
・暗転演出
・女神のお告げ予告
・次回予告
・状態演出「宝物庫背景」「臨戦態勢」「覚醒ZONE」「緊迫状態」

・GO!GO!アタック
・画面シェイク予告
・イルミビジョン予告
・満月演出
・変身演出「変身せず水着のまま」「魔法衣装へ変身」
・カウントダウン演出
・マジカル魚群演出
・当落ボタン演出

・マルチラインリーチ
・いきなりRUSHバトルリーチ
・キャラSPリーチ
・マジカル魚群召喚チャレンジ
・単騎VSリーチ「VSコールドリリス」「VSフレイムレックス」「VSアースガーディアン」
・共闘VSリーチ「VSリヴァイアサン」「VSキャプテンスカール」

先読み入賞時フラッシュ+ゾーン+「満月」保留以上+GO!GO!アタック+マジカル魚群演出+単騎VSリーチもしくは共闘VSリーチで王道当たりです。

通常当たり後の立ち回り

GO!GO!RUSH」が終了するということは、2R通常当たりを引いたということです。へそ保留の通常時の1回転から仕切り直しです。ここから、もう一度1/319の確率で回さないといけないところはその他の機種と同じです。

「Pスーパー海物語 IN 沖縄5 夜桜超旋風」のように出玉より、連チャンがメインの機種です。小当たりで出玉を稼ぐタイプなので、スペックはまた別物です。

大連チャン後なら「即ヤメ」も大いにありですが、連チャンしないと次の初当たりを目指すのが普通のことです。

「Pスーパー海物語 IN 沖縄5 夜桜超旋風」でもありましたが、「RUSH」に入っても「即落ち」もあるのがパチンコの不思議です。「RUSH」突入率が50%と低いだけに、97.8%の「RUSH」を簡単にスルーされるとがっかり感はピークとなります。

たぶん当たらない スーパーリーチ でも、出ていれば、その後にGO!GO!アタック+マジカル魚群演出を連れてくるのが楽しみな台だと言えます。チャンス目予告が良く出てスーパーリーチへ良く行くことが好調台の王道です。

入賞時フラッシュと保留変化、クリスタル役物の落下が簡単に出るのが必要です。

実際にハマり台はリーチすらかからないことを打ち手の皆様は、よくご存知だと思います。何も起こらなくなったら当たりが遠のいているのもこの台に限らない話と言えます。

ハマり台を選択するより、大当たり後の回転数の浅い台を試し打ちしてみるのは、パチンコで勝つための攻略だと思います。何もなければヤメレバいい話です。

現在のパチンコで、実際には攻略法というものはありません。ここで言う攻略法とは、必ず存在する「好不調」の見極めのことです。継続して遊技するのなら「デモ出し」等を駆使して投資や出玉を抑えることに専念することだと思います。

淡々とサンドに現金を入れて、打ち続けることは、「ハマり台」を育てるのに、この上ない手段と言えます。

筆者は初打ちでカスタムを「先読みチャンス」にしたのですが、「赤満月」保留直撃+マジカル魚群演出+共闘VSリーチ「VSリヴァイアサン」を保留0でもないのに外しました。この後、お決まりの1000回ハマりだったので、そのようなク〇台はすぐに捨ててください。

※当立ち回りは、筆者個人の主観のみで構成しています。確率一発抽選のパチンコ台の当たりは大当たりした後の結果でしかわかりませんのでご理解ください。

ライバル関連記事

スポンサーリンク

管理人お薦め記事:記事数666以上の中からお薦め記事を掲載しています。

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です