新型コロナウィルス騒動で「生」と「死」を改めて考え直す

5月22日現在で、1道関東1都3県を除く、全国の「緊急事態宣言」が解除されました。 このことを待ちわびていたのは、日本全国の人々のはずです。「まだ早い」という声も聞かれる中、先が見えない事態よりはるかに良いことに違いがありません。 まだまだ感染リスクはありますが、個人的に「死」への恐怖を感じたのは、交通事故以来のことで、病気によるものでは初めてです。 いろいろな文献を読んでみて、この新型コロナウィルスの怖さを知れることができました。 感染力の強さが取沙汰されていますが、一番の恐怖は感染後の肺炎の重症化の... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

新型コロナウィルス騒動の今こそ「禁煙」

今回の、新型コロナウィルス騒動で、肺炎をを引き起こして、重症化している人が、現喫煙者と、元喫煙者の割合が多いことが公表されています。 新型コロナウイルス(SARS-CoV2)の感染拡大が続くなか、ニコチン依存症に関する研究の第一人者が「今こそ禁煙、または喫煙量を減らすための努力をすべきときだ」と警鐘を鳴らしている。喫煙者は喫煙をしない人に比べ、SARS-CoV2に感染した場合の重症化リスクが非常に高いとみられているためだ。 抜粋:喫煙者の重症化リスク高い新型コロナ、今から禁煙でも効果はある? 「... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア