ごあいさつ


スポンサーリンク

昭和33年 7月生まれの男性です。
建築業とビルメンテナンスの会社を経営しております。
現役で現場に出ており、日々、高血糖と低血糖の戦いです。

平成 13年 9月頃、就寝中にひどいめまいがしたので総合病院で
診察を受けると房室ブロックが 見つかり、不整脈及び
循環器内科の先生からペースメーカーを植え込む手術を
するように指示されました。

翌月の10月に植え込み術を
していただきました。おかげさまで突然死の危険がなくなりました。

平成20年 8月の頃、ひどい口渇と多尿の症状がありましたので
総合病院で診察したところ、血糖値が、600超えている糖尿病
でしたので緊急入院しました。

検査の結果、1型糖尿病が見つかりました。50才の時でした。
その日からすぐにインスリン注射治療です。

根治、寛解する病気ではないのでうまく付き合っていく方法を
いろいろ試した経験をブログにしました。

昭和63年にはパニック障害を発症して、現在は薬物治療で
安定しています。

糖尿病と同時に甲状腺機能低下症も発症して薬物治療しております。

その日の血糖値 と食事カロリーに応じたインスリン注射量を日々
更新しますのでご覧ください。