パチンコで朝一、初当たりの早い台とはどういう台なのか?

前日のハマり台を探す

朝一からパチンコする方なら当たり前なのですが、午後から遊戯される方でも通用する攻略がひとつあります。朝一に立ち上がりが早い、いわゆる初当たりが早い台を探すということです。

それでは一体どういう台が、朝一に立ち上がりが早い台なのでしょうか?

筆者の今までの経験と合う履歴の台がありましたので、データ表示の写真で解説したいと思います。

筆者はホールに着くと目につく台のデータをチェックします。本日のデータをチェックして好調台を探しているのです。

バラエティーコーナーに2台だけ残っている「CR 必殺仕事人5豪剣」がありました。隣同士の2台が初当りが軽く、連チャンしていました。

1台は本日の1回目の初当りが、3回転で3連。2回目が244回転で8連していました。前日の初当りが1017回転で通常当り。244回転で3連して1日トータルで4回しか当たっていない台でした。

それも昨日が稼働のいい日曜日だったにもかかわらずということです。

3回転、3連。244回転、8連

もう1台ですが、本日の1回目初当りが、17回転で4連。2回目が141回転で8連。3回目が255回転で6連した好調台でした。前日が787回転で、通常当りのハマり台でした。

同じく、昨日が稼働のいい日曜日だったにもかかわらずということです。

17回転、4連。141回転、8連。255回転、6連

初当たりが早い台とは

2台に共通して言えることは何でしょうか?

当日にハマって通常当りしてしまう不調台だったということです。

前日は稼働がいいにも拘わらず、1日の間でハマっていて閉店前にも大きくハマってた台は、朝の初当たりが早いということが言えると思います。

逆に前日は好調台で、確率以内に初当りを引いて、出玉を吐き出した台は、翌日も好調波を引き継いで朝一の初当り軽いということもあります。

でも今までの経験上は、こういう台は連チャンし辛いデータが残っています。

筆者は夕方からの実践がほとんどなので、0回当たりで0回転の台もないことの方が多いのですが、早くにホールへ行けた場合は、前日の好調台より、前日ののハマり台を打つことの方が多いのです。

最近では、「CR ウルトラセブン2」で2桁の前半で良く当たっています。

ただ闇雲に「お気に入り」台に座って、たんたんと打ち込むことばかりでなく、こういう台があれば、一度座って様子を見てみることも攻略法になると思います。

ダメ元でもやらないよりやった方がいいという考えなのです。

関連記事

スポンサーリンク

管理人お薦め記事:記事数666以上の中からお薦め記事を掲載しています。

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。