CR 大海物語4-パチンコ新台|不調台を見切って好調台で立ち回る攻略法

「CR大海物語4」パチンコ新台、スペック、保留、演出、評価

CR 大海物4スペシャル-パチンコ新台|不調台を見切って好調台で立ち回る攻略法はこちら

「CR大海物語」の第4弾で「CR 大海物語3スペシャル」の後継機としてホール登場しました。パチンコメーカー、SANYOの台です。

「CR 大海物語 3」は他の海物語以上に連チャン力があり、出玉性能もいいので人気がありました。確率が1/348の現在より辛めでしたので、スペック以上に連チャン力がありました。

他のミドルの新台より、はるかに導入台数が多いのは人気があるからです。まだまだ海王国は続くようです。

初当り確率1/319.6で、確変突入率が55%の王道ミドルの確変ループ機です。確変中の確率は1/36.4です。

ヘソ、電チューとも奇数図柄揃いとラウンド昇格等の確変が55%です。大当たりの種類が2Rの突然確変が9%で、出玉が70個です。

12R確変が26%で出玉が1512個です。15R確変が20%で、出玉が1890個です。

残りは12R通常が45%で、出玉が1512個です。偶数図柄でも昇格演出もしくはラウンド昇格もあります。

通常時も8個保留ですが、これは打ち手を休まずに打たせて投資玉や出玉を吸い込むメーカーの作戦です。

保留をいっぱいに貯める必要は全くありません。8個貯めると特別な演出があるだけで大当たりには全く関係がありません。と言いましても、貯めてしまうのが人情です。

通常当たりでも必ず時短が100回転ついてくるので、引き戻しに期待したいところです。多数あるミドルタイプの台で引き戻し率は期待値をはるかに上回り、No1と言えます。

簡素な「ラグーンステージ」ボタンで遊べる「アトランティスステージ」ステップアップの「トレジャーステージ」の3種類も健在ですが、新たに導入された「クリスタルステージ」がお勧めです。

新しい役物演出で「ビッグ バイブ」機能がフルに体感できるステージだからです。「パールフラッシュ」だけでも驚かされたのに新たな演出は射幸心をあおります。

全ステージ共通演出は「ウリンのぶるぶるチャンス」の新しい演出と「タッチチャンス」の以前から演出です。

重要演出

1.魚群
2.ビッグ バイブ
3.タッチチャンス
4.ウリンのぶるぶるチャンス
5.変動開始時BGMの遅れ

その他
・泡前兆予告(テンパイ)
・背景等、ステップアップ予告
・ネッシー待機予告
・スーパーリーチ
・マリンリーチ
・15R当たりがある
・大当たり時にパールフラッシュが良く光る
・パールフラッシュの先光りがある

今回は新しい演出の「ビッグ バイブ」が決め手です。外れても良く出る台なら勝負できます。スーパーリーチ半コマ手前外ればかりでは、少しイラっとするかもしれません。それでもノーマルリーチばかりの台よりマシです。

大当たりに絡むのは、海大国の起爆剤になった「魚群」演出につきるわけですが、パールフラッシュがないと外れ確定くらいなことは、派手な演出のための犠牲かもしれません。

ビッグ バイブ」や「BGM遅れ」がありますが、最終的には「魚群」に行き着くわけですが、それまでの演出で「泡」前兆予告+「変動開始時BGM遅れ」+「ビッグバイブ」が絡んで「激アツ」です。

激アツ」でない演出で当たるほど、好調台と言われるのもその「昔」からずっと一緒です。ノーマルリーチや「泡」からのスーパーリーチで当たることを言います。

「海物語」の時代ではなくなったと思っていましたが、老若男女問わない「CR海物語」シリーズのSANYOの黄金時代は続きます。

時短後の立ち回り

時短中に何度かスーパーリーチへ行かないと、浅い回転数での引き戻しは厳しいかもしれません。泡前兆予告が良く出るかスーパーリーチへ良く行くことが好調台の証です。

クリスタルステージなら、チャンス目連続予告が良くあることです。

「CR海物語」だから一日中、勝負すれば何とかなる考えは捨てないといけません。「CR海物語3R」の時代より、ハマりも深くなっているのが事実です。

「何時か当たるであろう?」の立ち回りでは、次にいつ勝てるか分かりません。

実際にハマり台はリーチすらかからないことをご存知だと思います。何も起こらなくなったら当りが遠のいているのも他の台と同じだと思います。

保留満タン時にウリンが出てこないと、リーチすら掛からない合図です。8個以内で、ノーマルリーチしかかからない台では、勝てません。

それと「泡」連続予告(クリスタルステージなら、チャンス目連続予告)が出なかったり、出ても1回きりで続かないか、2回あってもその後にテンパイしない台は不調時です(ラグーン、クリスタルステージはテンパイします)。「デモ出し」等で流れを変えましょう。

好調台でなお且つ回れば、1台で勝負してもいいと思いますが、それも滅多にないことで、好不調を繰り返すのが普通の台です。

「海物語」に限らずですが、「海物語」と言えば、オカルトとはいえ、時短込みの「300」回転が大当りしやすい回転数の王道です。確率を超えると他メーカーの台と同じく天井知らずです。

パールフラッシュ」が良く鳴っていた台が空いたら、間違いなく狙い台です。

関連記事

スポンサーリンク

管理人お薦め記事:記事数777以上の中からお薦め記事を掲載しています。

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。