突破するのが難しいCRA偽物語甘デジで6連チャン+単発の実践演出

「CRA 偽物語」(甘デジ) で一撃、8500発オーバー

連チャンまでの入口が遠く狭い「CRA 偽物語」(甘デジ)が1台空いていたので座りました。何度かトライしましたが、100%、ST突入とは言え、この甘デジは電サポかいきなり100回転ついてくるのは滅多にありません。

電サポ20回の「高運の刻」割合が高く、その次が、電サポ50回の「高運の刻」で、50回転でもST中の1/95.8の確率では、大当りすることは厳しい台です。ただ、右打ちになるとライトミドル機と同じく、50%も16R確変があるところが最大の魅力台です。

本日、21回当りで205回転のハマり台でした。この台は良くハマっていますが、大当りを1度引くと、101回転目から、通常状態となるので、101回転から通常の抽選ルーレットが始まるため、ハマっているように見えます。

潜伏時間も長く、潜伏していても、簡単に大当たりするような台ではありません。スペックを活かした、ホールにとってありがたい台であることは確かです。それでも、ST中に16R確変を当てると甘デジ以上の出玉が得られるので人気があります。

投資、1.5Kの221回転で、「」保留+疑似連×3+「偽物変動」突入+「」怪異シャッター+「怪異」SPリーチで→「6」当たり。残念ながら電サポは20回転でした。

電サポ20回転の「高運の刻」に19回転で「7」当り

どうしてもST100回転に入れたいので、「デモ出し」を5分間実施しました。するとぎりぎり19回転で「歯闘開始」+VS火憐「」☆×4で勝利して「4」→「7」16R確変が当たりました。

3連目も15回転で「歯闘開始」+VS火憐「」☆×4 →「8」→「7」16R確変当たり。

6回転で「7」16R確変当り

3連目が僅か6回転で「7」16R確変当りしてくれました。好調なのが打っていても分かりました。

5連目が44回転で16R確変当りしました。好調に16R確変に偏りまた。6連目は16回転で4R確変でした。

STスルーの保留で105回転目大当たり

実践画像です。

データ表示

この台の初当り確率は1/152でした。

結果発表

総投資が5.5Kで回収が8554玉の30.4Kでプラス25.1Kでした。

関連記事

スポンサーリンク

管理人お薦め記事:記事数777以上の中からお薦め記事を掲載しています。
Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。