P新世紀エヴァンゲリオン〜未来への咆哮〜(エヴァ15) -パチンコ新台|不調台を見切って好調台で立ち回る攻略法

P新世紀エヴァンゲリオン〜未来への咆哮〜(エヴァ15) パチンコ新台、スペック、保留、演出、評価

「新世紀エヴァンゲリオン 決戦~真紅~」の後継機としてホール登場しました。SANKYOグループのBistyFIELDSのパチンコ台です。

「新世紀エヴァンゲリオン 決戦~真紅~」 と同じVーST機ですが、ST163回とロングSTにスペック変更されました。初当たり確率1/319.7で確変のST突入率が59%です。ST回数が163回転でST中の大当たり確率は1/99.4、確変継続率は、81%です。

ヘソ入賞時の当たりは、3R通常+時短100回転が41%、3R確変+ST163回転が56%、10R確変+ST163回転が3%です。電チュー入賞時の当たりは、10R確変+ST163回転が100%です。

出玉数は、通常時は3Rが450個で、10Rは1500個です。確変時は、すべて 10Rで1500個です。

電チュー入賞時の当たりは、すべて確変ST163回転当たりとなります。

通常当たりでも、時短が100回転ついてくるので引き戻しに期待です。

「新世紀エヴァンゲリオン 決戦~真紅~」 と大きな違いはロングSTということで、現在流行りの「遊タイム」はなくなったことです。

電サポ163回のSTモードは「IMPACT MODE」と呼ばれます。

通常時は「初代エヴァンゲリオン」以来のシンプルな「シンプルモード」と今作の「ノーマルモード」の2種類から好きなモードを選択して遊戯できます。

予告、リーチの演出が多彩です。打ち手はド派手な演出に翻弄されます。「激アツ」演出も平気で外しますので派手な台が苦手な方にはお勧めできません。

話題になっているのは、筐体とデバイスです。スマートハンドルというハンドルが筐体のほぼ中央に配置されていいて、左右にハンドルが付いていることで左手でも操作可能になりました。

豊富なデバイスで打ち手の射幸心を煽ります。

IMPACTレバー
ロンギヌスの槍ギミック
タイトルランプ
十字ギミック
PUSHボタン
福音エアー

今後もこのような親切なパチンコ台が出てきそうです。

通常時の潜伏確変はありません。

注目演出

1.ロンギヌスの槍保留前兆予告
2.背景変化前兆予告
3.エヴァンゲリオン最終号機
4.エヴァンゲリオン無号機

その他
・「赤」「初号機」「警報赤」保留

・夕方背景
・夜背景
・エヴァ背景
・文字背景
・ミッションモード
・セリフ予告「水玉柄ボタン

・リーチ後背景予告「レイ」以上
・新規SP発展演出「単機射出」
・最終号機リーチ煽り予告「成功」
・「ミサトの部屋」「学校ステージ」突入時テンパイ
・ALERT予告3段階
・入賞時ランプフラッシュ
・デバイス振動前兆予告
・SOUND ONLY予告「三度の報いの時がいま」
・カウントダウン予告
・変動開始時ランプ予告「ロゴ落下」
・変動開始時インパクト予告「目が
・ステップアップ予告「シリアスSU4」以上
・ステップアップ予告「リラックスSU3」以上
・モニターステップアップ予告「」以上
・キャラ連続予告
・暗転タイトルランプ予告
・使徒予告
・名シーン予告「
・作戦会議「エヴァンゲリオン待機」
・バラケ目発進
・タイトル予告
・次回予告
・テンパイボイス予告「ちょっち期待して」
・中図柄文字変化予告「使徒襲来」背景「
・使徒襲来ランプ予告 「
・槍役物連続予告「ロンギヌスの槍ギミック落下
・ドデカ図柄
・ロンギヌスの槍通過予告「シンクロリーチ」以外
・「」予告
・初号機透過予告「目が発光」
・発展率表示図柄送り予告
・サイレント連続予告

・初号機VSゼルエルリーチ
・キャラムービー
・モニターカットイン 「
・テロップ 「
・画ブレ演出「」枠
・カットイン「A.T.フィールド全開
・特殊武器ルート
・ストーリー系リーチ
・最終号機リーチ
・無号機リーチ
・暴走&覚醒大当り
・ボタンバイブ予告

予告は 入賞時ランプフラッシュ +「」「初号機」保留+ステップアップ予告「」+ リーチ後背景予告「レイ」 または、「群」予告+初号機役モノ予告+ストーリーリーチもしくはエヴァ系+ カットイン「A.T.フィールド全開」 で王道当たりです。

新演出以外は「初代エヴァンゲリオン」 そのままと言っていいと思います。

「IMPACT MODE」 と「チャンスタイム」後の立ち回り

ヘソ入賞時の偶数図柄当たりは、時短後のヘソ保留からの通常状態です。

ST中も時短中も消化スピードが速いので、リーチもなく駆け抜ければ、不調台といえると思います。ST中でも時短中でも、ガセらずによくリーチがかかって、アツい演出が見れることが重要です。

時短中と直後にアツイ演出が見れたら続行です。ガセ

保留変化の少ない台です。「」保留程度で終わることも多いのですが、良く出ることが、初当たりへの近道です。先読みと連続予告のガセは、デフォルトと思っていいほどです。

初当たり前によくあった印象が深いものは、「変動開始時ランプ予告」とバラケ目からの発進予告です。

「ゲンドウ発言予告」で何も言わなかったり、セリフ予告が「・・・」ばかりなら、潮時かもしれません。

残念ながら通常当たりでも好調台なら確率的にも時短中で引き戻す可能性が高いです。台によっては、ST中のように簡単に時短で引き戻せるかもしれません。

多くのパチンコ台の見本となった「次回予告」が見れるのと、「レイ」背景は必至です。 エヴァンゲリオンと言えば、「全回転」などプレミア当たりや法則崩れ、「突発」当たりが見れて当たり前くらいの気持ちで遊戯したいものです。

最近、気になっているのは「ドデカ図柄」は大当たりに絡みますので期待しましょう。

筆者個人的にはロングST機は苦手なほうですが、何もしなくても「打ちっぱなし」で連チャンする台は間違いなく好調台だと言えます。

※当立ち回りは、筆者個人の主観のみで構成しています。確率一発抽選のパチンコ台の当りは大当たりした後の結果でしかわかりませんのでご理解ください。

実践記事があるのでご覧ください。

関連記事

パチンコで負けなくなるために身に着けたい立ち回り術→こちら

スポンサーリンク

管理人お薦め記事:記事数777以上の中からお薦め記事を掲載しています。

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です