PF からくりサーカス-パチンコ新台|不調台を見切って好調台で立ち回る攻略法

「PF からくりサーカス」パチンコ新台、スペック、保留、演出、評価

メーカー的には「P宇宙戦艦ヤマト2202 -ONLY ONE-」の次台となります。パチンコメーカー、SANKYOの新台です。

初当たり確率1/319.9で確変入率が75%です。王道ミドルタイプのVーST機です。ST中の大当たり確率は1/45..0です。

ヘソ入賞時は細かい振り分けですが、10R確変+次回までが1%、10R確変+時短37回+残保留4個が74%、10R通常当たりが25%です。

からくりRUSH」中の電チュー入賞時の当たりは、10R確変+次回までが50%、10R確変+ST70回+残保留4個が50%です。ST中の大当たり確率は1/50.0です。

超からくりRUSH」と「超からくりRUSH∞」中の電チュー入賞時の当たりは、時短70回+残保留4個が100%です。

出玉数は通常時と確変時とも、10Rが1500個です。

大当りラウンド中に「からくりチャレンジ」成功で「からくりRUSH」に突入し、1%の割合で「超からくりRUSH∞」に突入します。

ミドル機の現行機種では、最も甘い確変ループ機の「PF ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」やよく似たスペックの「Pルパン三世 2000カラットの涙」と「P Re:ゼロから始める異世界生活 鬼がかりver.」より確変突入率を高くした最も甘い、VーST機と言えます。

からくりRUSH
初当たりの74%で突入する時短モードとなり、50%が出玉3000個+「超からくりRUSH」に突入し、残りの50%が「からくりRUSH」に突入となります。

超からくりRUSH
出玉1500個の10R大当たりが、81%でループする時短モードとなり、演出は「からくりRUSH」と基本的に同じですが、流行りの高速当たり比率がアップしています。

超からくりFEVER3000
通常時に全回転リーチ経由の「」図柄当たりと「からくりRUSH」中に「」図柄当たりから液晶がブラックアウトしたのちに発生する10R大当たり2回分(3000個)の出玉獲得後に「超からくりRUSH」へ突入します。

からくりFEVER
通常時に全回転リーチ以外の「」図柄当たりと「からくりRUSH」中に図柄当たりから発生する10R大当たり1回分(1500個)の出玉獲得後に「からくりRUSH」へ突入します。

からくりチャレンジ
通常時に「」以外の図柄が揃い10R大当たり1回分(1500個)の出玉が獲得できます。
ラウンド中の専用演出に成功で「からくりRUSH」に突入し、失敗で通常時へ戻ります。

超からくりFEVER
超からくりRUSH」中の大当たりは、すべてこの「超からくりFEVER」となります。

重要な 演出

キーポイント演出
1.COMING前兆予告
2.オートマータ群予告
3.背中を守るもの予告
4.劇赤柄

その他

・「」保留以上、「背中」保留「運命?」保留
・ダイヤフラッシュ前兆予告
・操り糸前兆予告「」以上
・ハンドフラッシュ前兆予告
・運命交錯前兆予告
・背景チェンジ予告「夜」「紅夜」「東京」
・レバブル前兆予告
・運命交錯ZONE「鳴海&ミンシア」「鳴海&ルシール」「勝&コロンビーヌ」「勝&阿紫花」「勝&鳴海」
ZONE中にボタンPUSHで発生する注目演出
「赤系チャンスアップ」「劇赤柄」「トランク」「超運命交錯発動」

・疑似連×3
・強敵ストーリー予告
・運命の歯車予告
・ハグルマSU予告
・柔らかい石回想予告
・オレを守っているヤツは予告
・会話SU予告「SU3」
・ミニキャラSU予告「系チャンスアップ」「劇赤柄チャンスアップ」「SU5」
・タイトルフラッシュ予告「SU3」

・「3」図柄テンパイは期待大、「7」図柄はテンパイは大当たり濃厚
・リーチライン予告「開幕」以上
・リーチ後キャラカットイン予告「しろがね」以上
・オートマータ群予告
・開幕ベル予告
・次回予告
・背中を守るもの予告
・発展演出「スポットライトの色が

・しろがねSPリーチ
・強リーチ「VSフェイスレスSP」「VSパウルマンSP」「VSカピタンSP」「VSブロム・ブロム・ローSP」
・真夜中のサーカスSP「VSアルレッキーノ」「VSパンタローネ」
・最強リーチ「閉幕SP」「悪魔と悪魔SP」

時短後の立ち回り

からくりRUSH」スルー後はデータ表示42回転目から通常状態です。「超からくりRUSH」スルー後はデータ表示75回転目から通常状態です。

大当たりするときは、今まで見たことのないような派手な演出です。SANKYOの中でも突出しているくらいです。同時期に出た「Pサラリーマン金太郎」も同じ感じなので、この大当たりするときの演出で外れたら、続けて遊戯はできません。

液晶画面が真っ赤になっていて当然くらいの演出がいります。大当たりのときは「」系が絡むので、「」ならデフォルトくらいの気持ちでいい加減です。

先読みのダイヤフラッシュがよく出ること、キーポイント演出は3つ位大当たりに絡みます。新しい劇赤柄」が保留や運出で見れたら、継続に値します。

やはり保留変化と入賞時前兆予告が重要です。前兆がある分、大当たりに絡むのは、他のパチンコ台と同じです。

上段ギミックが下へ落ちるほどアツいのもすべてのメーカーと同じです。

レバブルは分かりやすいキーポイント以外の激アツ演出なので、それが良く起きる台に座っていたいものです。

演出は多彩ですが、メリハリがいいので、それが見れる台が重要です。

兄弟機の「「PF ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の時にも書きましたが、スペック面でも演出面でも他社より一歩リードしているSANKYOの台に期待したいものです。

通常当たりなら、引き戻す希望もないのですが、大当たり1回分で、1500個の出玉があることが、他機種と大きく異なることは間違いありません。

※当立ち回りは、筆者個人の主観のみで構成しています。確率一発抽選のパチンコ台の当たりは大当たりした後の結果でしかわかりませんのでご理解ください。

関連記事

パチンコで負けなくなるために身に着けたい立ち回り術→こちら

管理人お薦め記事:記事数777以上の中からお薦め記事を掲載しています。

Spread the love

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です