「うつ病」も「パニック障害」も寛解が目標

本日は、かかりつけの精神神経科の診療所に薬を貰いに行きました。 先生と年始に話したのですが、「○○さんは、パニック障害はほぼ寛解ですね。」といわれました。 おっしゃる通りに、どんな状況に陥っても、「パニック障害」の発作がなくなったのと、不安や恐怖心は感じなくなりました。 まだ、抗うつ剤に頼っている分、完治ではないのですが、「今後は、完治できるように薬を減らしていくことも考えましょう。」ということでした。 数年前までは、たまに発作が生じて、頓服の「デパス」を服用していました。それが今では「デパス」を一切服... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

準備できていないのに試験を受ける夢ばかり見る意味は

私事ですが、最近よく試験勉強をしていないのに、試験当日になり、焦って問題を解いているのですが、当然に問題が解けずに困っている夢をよく見ます。 最近、浄化槽管理士試験を受験したことも原因の一つかもしれません。 この試験の夢は、本当に夢とは思えず、ものすごく焦っている自分がいます。目覚めても、夢と思えず慌てていることに不思議な気もしています。   何故、準備できていないのに試験を受ける夢を見るのか 原因は何か気になるので調べてみました。 現実社会における「試験」とは、他人とくに“権威... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

過度のドーパミンと過度のノルアドレナリンを制御するのに重要なセロトニン

脳内の3大ホルモン、「セロトニン」「ドーパミン」「ノルアドレナリン」というものがあります。 パニック障害の患者が、よく耳にするものが、セロトニンです。 ドーパミンとは 人間の強烈な欲求の1つに「快感」を得たいという事があります。簡単に説明しますと「努力して報酬を得たい」ということです。人間にとっての報酬は「快感」です。具体的には、地位や名誉、お金、美貌などが報酬となります。「快感」を操っているのが、脳内のドーパミン神経です。報酬を得る事が出来た時に、快感物質ドーパミンが分泌されます。オリン... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

秋が深まるごとに寂しさも募る

暑かった夏も過ぎ去り、涼しくなった期間が短かったのですが、朝晩がめっきり寒くなりました。 天高くなればなるほど、寂しさが増す日々です。 今日は、湯船に久しぶりにお湯を張ってくつろぎました。その昔、パニック障害の再発時に、お風呂で体を洗って上がった時に、「心臓が止まる。」と真剣に思って、タオルを巻きつけて脱衣場でなく、ふろ場で、着替えていたのを思い出します。 絶対と言っていいくらい、「心臓は止まらない。」のですが、精神疾患の怖さが思い返してもよく分かります。 そんな自分をよく我慢したものだと、自分ながらに... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

パニック障害やうつ病治療は担当精神科医の処方箋割合が大きい

お盆とお正月は 薬の備蓄 お盆とお正月はいつもの通り、診療所の休みが長いために余分に薬を貰うように心がけています。 総合病院なら、休みもそんなに長くなく、薬の心配もさほどせずにすみますが、多くの精神疾患の患者は、個人の診療所に頼っていることが多いのも事実です。 薬を前もって貰いに行くことは、薬に依存していることも確かで否定はできません。 筆者も本日、午前に仕事を終えてからかかりつけの診療所に処方箋を貰いに行きました。 それが本日はいつもの主治医が休みでしたので代わりに違う医師に診てもらいました。そ... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

予想しない気分の悪さは、パニック障害の発作の手前

めまいと吐き気をもよおす 起床時から、軽いめまいと吐き気がしました。いつもなら、また寝不足だなと思うのですが、その前夜が寝不足だったので、とてもよく寝たように思ったのです。 仕事中も良くならずに、「気分が悪い」一辺倒でした。早く仕事を終えて、早く寝ることしか考えていませんでした。 糖尿病で食い意地が張っている筆者が、記憶にないくらいご飯を食べられずに、半分以上残しました。 「何かおかしい。」という思いしかありませんでした。すぐにお風呂に入って、午後の8時に床に就きました。自分でも余程のことだと分かりました... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

薬物依存する病気としない病気

薬物依存への思い 言で薬物依存と言いましても、いろいろな種類があると思います。「うつ病」や「パニック障害」を主にした場合、薬物依存は、痛みや苦しみから逃れるために必要なものと考えます。 依存という言葉が良い意味にとられないので、少し、引っかかる言葉になると思います。 タバコやお酒といった嗜好品については、痛みや苦しみとは別物で、おいしいとか気分が良いという楽しみの部類に属します。それなしではいられないとなるとアルコール依存症とかいう患者に変化してしまいます。 「うつ病」や「パニック障害」は投薬な... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

寝不足のサインはパニック障害再発防止に役立つ

寝不足のサインはパニック障害再発防止 今朝は朝から頭が痛く気分が悪いので、風邪でも引いたのかなと思ったのですが、吐き気ももようしていました。 よく眠れたので、寝不足とは思いもよらなかったのですか、考えてみると夜間作業した時の気分の悪さとよく似ていました。 もう少し、掘り下げると今日の現場は、汚水槽のフロートスイッチ交換を一人で行う作業でした。ビルメンテナンスの中でも、簡単な電気工事のはずですが、何か引っかかることがあって寝いる間もすごくに気にかけて、その工事のことばかり考えていました。 結局後で分かったこ... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

パニック障害とうつ病が寛解した今だから言えること

パニック障害とうつ病が寛解した今だから言えること 完治はしてないですがある程度、普通に生活できる程度まで治ったことだから言えることを挙げてみたいと思います。 「そうではない。」方もおられると思いだすが、パニック障害にしろ、うつ病にしろ重症時に行き着くところは何かと言いますと「自殺」を考えることだと私は思います。 その程度の重いのと軽いのとの差があると思いますが、そこで実際に自殺して命を絶ってしまうのか とれとも思いとどまるかで人生は大きく変わります。 私は究極で自殺を考えた時は、車を運転して川へ飛び込むな... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

滅多にしない夜勤がどれだけ体調を崩すかを実感

身体に最も悪いことは睡眠不足 夜勤があることを職業にしている方なら、何ら問題のないことだと思います。私のように1年に数度しかないものにとって、どれだけ辛いものかを体験しました。 こちらはする気はなかったのですが、得意先から飲食店の営業が終了してから、汚水槽の清掃をする依頼がありました。「早朝でいいではないの?」と思いながらも、頼まれごとなので承諾するしかありませんでした。 昨日のことです。午前2時には待機して3時ごろから作業てですと説明されていました。夕食の後、仮眠しようとしましたが、いつもの就寝時間でな... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

連休前は薬の量が心配なうつ病やパニック障害の患者

連休時の薬の心配 タイトルのようなうつ病やパニック障害の患者に限ったことではありませんが、長い闇が続く前は投薬治療をしている患者は、「薬が足りるかな?」と心配される方が多いと思います。 病気も落ち着いて、ある程度、健常者並に生活している人でも、「薬」のお陰で良くなった人が多いので、大なり小なり「薬」に依存しています。 「依存」という言葉が、悪いイメージが大きいので困ります。「薬に頼っている」と言われる言葉すら嫌われます。 糖尿病のお陰で一生「薬」に頼りますので、私は「依存」という言葉も何とも思いません。 ... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

今この人が好き|元女子フィギャ―選手-ユリア・リプニツカヤ

ユリア・リプニツカヤの壮絶な選手人生に思う 最近、好きになった女子フィギャ―スケートで、輝かしい成績を収めたアスリートのユリア・リプニツカヤさんの話です。 2014年ソチオリンピック団体戦金メダリスト。2014年世界選手権2位。2014年欧州選手権優勝。現行ルールによるフィギュアスケート競技における冬季オリンピック史上最年少(15歳249日)金メダリストであり、また欧州選手権史上最年少女王の記録も持つ。 2016-2017シーズン、グランプリシリーズ初戦となるスケートアメリカは古傷の悪化により欠場。ロステ... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

「生きたい」と「死にたくない」はどう違うのかを考えてみた

同じ願望でもどう違うのか? 「生きたい」という言葉は前向きで肯定的なので、嫌な気がしないです。「死にたくない」「死」に対しての否定文です。嫌な感じがします。 事故等で「死」に直面した時、「死ぬ」と思う方が多いはずです。でも「死にたくない」はずです。この時に「生きたい」と思う方が珍しいと思います。 「死」を長期的に見て「生きたい」と思うことは理想的で、自分もそうありたいと考えます。 ペースメーカー植え込み術の時は、突然死防止のためでしたので、「突然死をしたくない」いわゆる「死にたくない」という思いでした。そ... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

通常人と違う、うつ病患者の寝不足について

昨晩から夜間作業と睡眠なしの続きの作業 昨日の記事で昨晩から夜間作業のことに触れました。毎日が夜勤の方は昼夜逆転で何も問題ないとよく聞きます。私たち、昼作業がメインの者は辛く厳しい日となります。 本日も最終列車が出た後なので午後11時待機の午後12時からの作業でした。最初は大丈夫でしたが、突発でないべきことが起こり、作業を中断しました。元請さんが機械を取りに行くこと2回。 作業の段取りは狂い続き、それでも作業が終わらないので、私一人だけ次の現場があるので午前6時に撤退しました。いったん事務所まで戻って作業... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

パニック障害の再発を防止できた、その後は如何に

パニック障害の再発防止後 1月6日位から寝不足でパニック障害を再発寸前だったのを長年の経験で、何とか踏みとどまり、再発を防止できました。 現在の心境ですが、大袈裟に言うと、うつ病やパニック障害って何?みたいな感じです。同一人物と思えないほど再発手前の精神状態は以上でした。 今は、「良く寝れる」「何を食べてもおいしい」「快便」と健康の三拍子が揃いました。仕事で疲れることもなく、夕食後にお風呂に入って、就寝するときまで快適で嬉しい限りです。 苦しい時を乗り越えているので、普段の生活が快適です。年が明けてからも... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア