2ケ月に1度の定期健診の結果と今後の対処-その9

2月は糖尿病治療以来のHbA1cが9.5%を記録 本日は、午前中現場作業の後にいつもの時間の午後2時から糖尿病の2ヶ月に1度の定期健診日でした。 グルコース値を図れるリブレのおかげで、HbA1cも毎日分かりますのですが、2月の月中前後に9.5%という糖尿病発症時で入院中以来の高い数値を記録してしまいました。 そこから、頑張って食事量や甘いものを控えていたのですが、結果はうまくいき、8.2%まで値が落ちました。 血液検査報告書No.1 血液検査報告書No.2 2月14~2月22日くらいまで、血... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

2ケ月に1度の定期健診の結果と今後の対処-その8

お正月過ぎの割に血液検査の結果は良好 本日は、午前中現場作業の後、午後2時から糖尿病の2ヶ月に1度の定期健診日でした。 血液検査報告書No.1血液検査報告書No.2 血液検査の結果ですが、毎年お正月過ぎは、とんでもない悪い結果が出ていました。お雑煮のお餅だけでなく、おせちもカロリーが間違いなく高いのです。 それが今年は食事はある程度制限したので、ほとんど体を動かしていないにもかかわらず、HbA1cの上がるどころか8.2%から8.0%に下がりました。 貧血は鉄分摂取がまだ足らないようで、若干低かった... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

糖尿病患者が今やるべきこと|血糖値を下げる最良の方法とは

糖尿病患者が今やるべきこととは 下記記事で推奨している糖尿病患者に限らず、有酸素運動と筋力を鍛えるのにモッテコイの運動療法は階段の昇降なのです。 血糖値を下げるには運動療法が最良|簡単な運動とは? 食事制限を軽くして、血糖値を下げることが出来る簡単な運動です。デスクワークの人でも、上階や下階のトイレに階段で行くことを実施するだけで、歩行だけの軽運動ではなく、しっかりした運動代わりになります。 1型、2型の分け隔てなく、私たち糖尿病患者のするべきことは 1.食事療法・今まで何も考えずに、例えばご飯を二膳食べ... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

糖尿病に付き物の神経障害の進行と対策方法

神経障害の進行 嬉しくないことですが、神経障害の進行により立ちくらみがひどいことになっています。 座っていて立ち上がるだけでもひどい立ちくらみなのに、しゃがんでいて立ち上がったら、本当に意識が遠のくくらい大変なことになっています。 神経内科で一度、受診しましたら「急に立ち上がらないでください。」と当たり前の返事しか貰えませんでした。私が諦める前に医師が諦めています。糖尿病は厄介なものです。 甲状腺機能低下症の影響もあり、皮膚のあれもひどくなってきました。糖尿病が原因なのかもわからない状況です。 人間は食べ... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

糖尿病の三大合併症とは

糖尿病の 三大合併症について 前回は簡単に合併症について述べましたが、今回は少し掘り下げてお話しします。 糖尿病性 網膜症 網膜には毛細血管が 網目のようにあり高血糖が続くと血管がもろくなったりつまりやすくなり出血する。単純性、増殖性失明原因の第一位症状がなくとも定期的に眼科で眼底検査を行う 。 糖尿病性腎症 腎臓は糸球体と言う細い血管が毛糸玉のようになったものが主なものであり、血液が糸球体を流れる時、体の老廃物が濾過され綺麗になる 。尿アルブミン正常、尿アルブミン増える、テステープで蛋白出る。血液中の老... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

空腹時血糖、正常値以上は糖尿病なのか

空腹時血糖 よく耳にしますが、空腹時血糖、アサ前(起床して朝食前)の血糖値の値で糖尿病が決定づけられます。 正常に膵臓が機能している人は、80〜109mg/dlで食後血糖(2時間)が120mg/dl以下です。 アサ前の血糖値が110〜125mg/dlで糖尿病の疑い。126mg/dlで糖尿病となります。 私と同じⅠ型糖尿病の方々はアサ前血糖が150mg/dlくらいで普通ですから桁違いです。 Ⅱ型糖尿病の方なら、食事療法、運動療法、薬物療法をしっかりされたら、三大合併症なんて全く怖くありません。健常者と変わら... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア

すぐに役立つ糖尿病と食事療法

食事療法 今回は食事療法についてです。糖尿病患者は生涯、食事療法です。入院時や重症な糖尿病時は完全にカロリー計算された糖尿食です。500mg/dlとか高血糖が続くと入院して糖尿食と薬事療法で血糖を安定させる訳です。 前にも述べましたが、糖尿病で食べてはいけないものなどありません。簡単に言いますと摂取カロリーを抑えることです。 筆者の場合、身長176cm、体重58kgですが、一日三食分の摂取カロリーは合計1800キロカロリー、つまり一食600キロカロリーになります。 入院時はともかく、毎日の食事で栄養士でな... 「…続きを読む」 | 今すぐシェア