うつ病、パニック障害の治療とは|デパス中毒も同時に治す治療方法を紹介

Spread the love
きっと得する情報がこちら!!

仮面うつ病の発症

ブログの書き始めでうつ病とパニック障害の併発の記事を書いていましたが、寒くなるとパニック時のことを思い出します。

21歳から、会社員をやめ、土木関係の機械を持って独立して建設業を始めました。仕事の景気は良くないにしろ、独身なら十分な収入で1月に、40〜50万稼いでいました。

機械の償却を20ケ月かけて500万円を返済し、その後は将来のため、毎月、20万円は貯金していました。

出世を夢見ていましたので、仕事中も入れて1日に10時間ほど勉強して、3ケ月で宅地建物取引主任者の試験に合格しました。

これまでに貯金が500万円。建設機械を100万円で売却。株式投資で130万円の利益を上げ、計約700万円の資本金で不動産業を開業しました。

開業資金が少ないので、自宅を事務所にしました。

すぐに開業したところで仕事が覚えられるはずがなく、知り合いの不動産業を経営されているところへ、成功報酬のみで修業に行きました。

成功報酬なので毎月の収入がなくなり、仕事も「貸し家の追い出し。」というものすごく嫌な仕事の日々でを続けていました。

バブル前の昭和62年11月でした。寝るのも惜しんで弁護士との交渉をシミュレーションしていたら、何かが頭の中ではじけました。寝ようとすると凄まじい恐怖感が襲ってきます。

精神神経病は不眠が発端

ここから眠れない日々の始まりでした。明らかに体の調子が悪いのです。しんどいので自宅の近くの診療所で見てもらったのですが、「若いのに血圧が高い。」と診察されただけでした。

それでも毎日、不眠と戦いながら、辛いながらも仕事を続けていました。数か月も放置してしまったのです。

不眠は続いていますが、喉がつっかえて食事が出来なくなりました。電車に乗れなくなり、車の運転中に頭がおかしくなりかけ、車中で落ち着くまで何度も車を止めました。

毎日の通勤すら、ままならくなったのです。

いろいろな病院で診察してもらいましたが、異常なしでした。

母親が見るに見かねて、「東京に良いお医者さんがおられる。」というので一緒に東京まで診察を受けに行ったのです。

「仮面うつ病」の診断でした。今でこそ、うつ病やパニック障害はよく耳にしますが、本当に当時は分かりませんでした。まさか自分が精神神経科にかかるとは思いませんでした。

抗精神薬と精神安定剤のお陰でみるみる症状は良くなりました。その時は良かったのですが、長引く治療と東京と京都間では診察が出来ないので、京都の病院で診てもらうことにしました。

しかし、どこへ行っても薬が合わず、デパスだけで毎日を過ごすものですから、デパス中毒になり、うつ病治療そのものをしないで過ごしてきたのです。

デパスはダメです。気持ちが楽になるのでうつ病そのものの治療になりません。私が30年苦しんできた理由がここにあります。

後は担当医師です。私はようやく探し当てた今の医師のお陰でうつ病の辛い日々を克服できました。

この医師に聞いたのですが、私の症状は仮面うつ病という軽うつ病からパニック障害を併発し、病院を変えて薬物療法に失敗して、うつ病とパニック障害を併発しました。

デパスで紛らしていたのですが、デパスすら効果がなくなってきたところだったようです。

毎日の苦しさで、「死ぬ気」になっていたのも事実です。

完治はしていないのですが、パニック障害の症状など、ここ数年出ていません。

ひどい時の症状

・車の運転中、トンネルを通りこせない。
・一人になると頭がおかしくなると思う。
・お風呂に入ると上がるときに心臓が止まるように思う。
・夜中に目が覚めると怖くて眠れない
・取り敢えず、頭がおかしくなると思う。
・とりあえず、もう死ぬと思う
・一人でなくても、「もう駄目だ」と思う

今では考えられないことです。自分でもよくこらえて生活していたものだと誉めてやりたくなります。

効果があった薬

・ジェイゾロフト(SSRI)
・コントミン
・ロヒプノール

はっきりしているのは、ジェイゾロフトのお陰です。何故、「死」を選択して実行しようとしていたか、意味が分からないくらいに良くなっています。

現在の「いつ死んでもいい」気持ちは達成感があるから来てるもので、当時の苦しさから逃れるためのものではありません。

担当医師にも言われましたが、「もう長年付き合ってきた病気だから、薬の依存症なんて言わないで、付き合っていこうよ。」と言われました。

その通りだと思います。この糖尿病も不整脈も一生の付き合いですから、「その時」が来るまで罪悪感なしで生きていきたいですね。

これだけ言えることは、不安を封じ込めるデパスはダメです。うつ病とパニック障害の症状を封じ込めるだけで治療にならないです。私はジェイゾロフトを服用してから、全くデパスを飲んでいません。

皆様も自分にあった医師と薬を見つけてください。うつ病治療でいろいろな対処法が蔓延していますが、重症の病気で薬以外に直せるものはまずないと思います。

重症だった実体験者の経験です。

関連記事

うつ病とパニック障害と糖尿病併発

本日の血糖値と食事に合わせたインスリン注射量です。

インスリン量(単位)

下血糖値mg/dl朝食前昼食前夕食前夕食前または眠前
〜10078912
100〜150891013
150〜2009101114
200〜25010111215
250〜30011121316
300〜35012131417

朝食カロリーが500kcl、昼食カロリーが600kcl、夕食カロリーを600kclを標準にしてインスリン注射量を決めています。
>糖尿病食をamazonで見てみる。

>糖尿病食を楽天市場で見てみる。

本日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:天津飯(ご飯一膳180g)、中華スープサラダ。
カロリーは600キロカロリーくらいだと思いましたがインスリン注射量を増やさず通常通りにしました。

・昨夜の11時ごろに低血糖になり、砂糖菓子を食べましたが今朝もまだ朝食前血糖値は低血糖で、60mg/dlでした。夕食のカロリーは、砂糖を使っていなかったので500キロカロリーくらいかもしれません。
・朝食:食パン1枚、サラダ、ヨーグルト(オリゴ糖をスプーン1杯分)、コーヒー(ノンシュガー甘味料)。午前中は良く動く現場作業のはずなので、インスリン注射量は1単位減らしました。

・昼食前血糖は最良で、99mg/dlでした。
・昼食:ビーフカレー(ご飯一膳180g)、サラダ。
・午後から休んでほとんど動いていません。

・夕食前血糖値は少し高く、152mg/dlでした。
・夕食: 八宝菜、、鶏の唐揚げ、肉団子、ご飯一膳180g。
・カロリーは高いと思いながら、インスリンは通常当りに打ってしまいました。

2017-11-11血糖値食事インスリン注射量ランタス
昨夕時87天津飯(ご飯一膳180g)、中華スープサラダ912
 今朝時 60食パン1枚、サラダ、ヨーグルト6 
今昼時99ビーフカレー(ご飯一膳180g)、サラダ8 
 今夕時152 八宝菜、、鶏の唐揚げ、肉団子、ご飯一膳180g1114
昨日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:ハンバーグ、かぼちゃご飯一膳180g。
カロリーは600キロカロリーくらいだと思いましたがインスリン注射量を増やさず通常通りにしました。

・今朝の朝食前血糖値は少し高く、173mg/dlでした。インスリン注射量を1単位増やすべきでした。夕食のカロリーは700〜800キロカロリーくらいでした。
・朝食:食パン1枚、サラダ、ヨーグルト(オリゴ糖をスプーン1杯分)、コーヒー(ノンシュガー甘味料)。午前中は良く動く現場作業のはずなので、インスリン注射量は1単位減らしました。

・昼食前血糖は低血糖で、61mg/dlでした。
・昼食:中華丼(ご飯一膳180g)、サラダ。
・午後からデスクワークでほとんど動いていません。

・夕食前血糖値は少し低く、87mg/dlでした。
・夕食: 天津飯(ご飯一膳180g)、中華スープサラダ。
・カロリーはそんなに高くないと思い、インスリンは通常当りに打ちました。

2017-11-10血糖値食事インスリン注射量ランタス
昨夕時184ハンバーグ、かぼちゃご飯一膳180g1013
 今朝時173食パン1枚、サラダ、ヨーグルト8 
今昼時 61中華丼(ご飯一膳180g)、サラダ8 
 今夕時87天津飯(ご飯一膳180g)、中華スープサラダ912

スポンサーリンク

“うつ病、パニック障害の治療とは|デパス中毒も同時に治す治療方法を紹介” への1件の返信

  1. 精神疾患を発病するとまず投薬治療から始めますが薬だけに頼らず重い症状にならない為にも、辛い時は深い深呼吸やストレッチ体操等も効果があるので、試してほしいです。女性がお産をする時も陣痛を散らす為、呼吸法をします。tsunehirokawaさんはうつとパニックの合併で重症化したので先生からの指摘通り、ずっと付き合う開き直りが大事かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です