自動車運転処罰法違反(過失致死)から殺人罪に問われている事故とは

Spread the love
きっと得する情報がこちら!!


自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕された容疑者が、殺人容疑などで再逮捕される

昨年の夏に起きた大変な死亡事故の裁判員裁判の初公判がありました。被害者はオートバイを運転していて、加害者を追い抜いたのですが、追い抜かれた加害者が腹を立て、執拗にあおり運転をした挙句に被害者をオートバイごと追突させ、死亡させたというものです。

 堺市で昨年7月、車のあおり運転でオートバイに追突し、乗っていた大学生を殺害したとして殺人罪に問われた同市の元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(40)は15日、大阪地裁堺支部(安永武央裁判長)で開かれた裁判員裁判の初公判で起訴内容を否認した。中村被告は「故意にバイクに衝突していない」などと語った。弁護人も「故意に追跡し、衝突させた事実はない」と殺意を否認した。

 検察側の冒頭陳述によると、中村被告はバイクに抜かれると、クラクションを鳴らすなどして加速。車線変更して時速100キロ超で車間距離を詰めた後、緩やかにブレーキをかけ、1~2秒後に追突したとされる。法廷に設置されたモニターには、被告や付近を走っていた車のドライブレコーダーに記録された事故当時の映像が映し出された。

 これに対し弁護側は、ブレーキが間に合わず衝突したとして、殺人罪は成立せず、自動車運転処罰法違反(過失致死)にとどまると主張した。

 起訴状によると、中村被告は2018年7月2日午後7時35分ごろ、堺市南区の大阪府道で乗用車を運転中、大学4年の高田拓海さん(当時22歳)の大型バイクに追い抜かれたことに腹を立てて追跡。死亡事故につながる可能性を認識しつつ時速約96~97キロで追突し、高田さんを脳挫傷で死亡させたとされる。

 府警は当初、中村被告を自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕したが、ドライブレコーダーを解析し、殺人容疑などで再逮捕した。

 高田さんの母は初公判を前に、弁護士を通じて「なぜ、拓海が殺されなければならなかったのか。自分の目・耳で確かめたい」とのコメントを出した。引用:あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」

というものです。オートバイに自車の内側から追い抜かれたことに腹を立ててあおり運転したというまでは、ありうることです。その後オートバイ事追突したということで、殺意があると検察側が判断しました。

これまでの報道を見たり、聞いたりした分には、殺人罪が適応されておかしくない話だと思います。

報道番組では加害者が腹を立てた原因が詳しく説明されていません。それはどういうことかと言いますと私はオートバイも自動車も運転しますので気になったことですが、被害者の大学生が、オートバイを運転中に走行中の加害者の自動車を内側(左側)から追い越したというものです。

 自動車を運転していると良く分かるのですが、停車中ならまだしも走行中の自動車を外側(右側)から追い越すのは構わないのですが、内側(左側)から追い越されるのはとても危険だということです。

私も常日頃から、あることですが、毎回、ヒヤッとした後にイラっとします。この加害者のようにされた相手に対してあおり運転するよう事すら当然しないのですが、最終的に腹が立つのは同じです。

オートバイは道路交通法上という区分でなく、弱者でありますから、自動車が相手の事故ですと、自動車の過失が問われることになるのです。

被害者の過失は、全くなかったということは確かです。加害者が過剰な行動に走ってしまったことに尽きるまでですが、報道上、この事故の原因の一つになった、オートバイの運転マナーについては、詳細に触れて、同じことを繰り返さないように促すことは必要です。

こんなひどいことをするのは、今回の加害者しかいないということはありません。あおり運転がこれだけ問題になっているということは、加害者に近い人間がいるということです。

私が言いたいのは人間というのも動物だということです。倫理観が一様ではないということと、自分には納得のいかない別の人間は、「敵」と判断して攻撃することもありうることです。

闘争本能を人間も持っていますから、決着がつかないと収まらないのは、動物として持っている本能に他ならないと思います。

余程、穏やかな人でない限り、今もあちらこちらで、揉め事が起こっているはずです。どれぐらいエスカレートするのかが、その後に大きくかかわってくると思います。

この加害者を擁護する理由は全くなく、この事故でなかっても、いつの日かこのようなことを起こす危険性が大な事も、他の人たちも同意見だと思います。

事故が起きてからでは遅い

亡くなられた被害者の方は何度も言いますが、お気の毒としか言いようがありません。本当に若い命が他人に奪われることなどあってはならないことです。

ご家族の悲しみが癒えることなどありえません。加害者がいくら極刑に課せられても、亡くなられた方が帰ってくるわけではありません。加害者には法的な罰を与えるしかできないことは悔しいものだと思います。

このような事故を未然に防ぐことはできないのでしょうか?この事故が、業務上過失致死傷なら未然に防ぐ術がありますが、今回の殺人罪を問われるような事件は防ぎようがありません。

非常に悲しいことではありますが、先ほど触れましたが、オートバイや自動車を運転する人すべてがマナーを守る以外になす術がありません。

四日分の血糖値と食事に合せたインスリン注射量です。

インスリン量(単位) 3月20日より。

下血糖値mg/dl朝食前昼食前夕食前夕食前または眠前
〜100891013
100〜1509101114
150〜20010111215
200〜25011121316
250〜30012131417
300〜35013141518

朝食カロリーが600kcl、昼食カロリーが700kcl、夕食カロリーを700kclを標準にしてインスリン注射量を決めています。
>糖尿病食をamazonで見てみる。


>糖尿病食を楽天市場で見てみる。

本日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:雑煮、サラダ。

・朝食前血糖値は、測れていません。
・朝食:抜き。
午前中は、寝ていました。

・昼食前血糖値は、203mg/dlでした。
・昼食食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト:。
午後からは出かけました。

・夕食前血糖値は良好で、110mg/dlでした。
・夕食:ビーフシチュー、麻婆豆腐、ご飯一膳180g。インスリン注射量は1単位多く打ちました。

2019-1-20

血糖値食事インスリン注射量ランタス
昨夕時

128

雑煮、サラダ

12

15

今朝時    
今昼時203食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト11 
今夕時110ビーフシチュー、麻婆豆腐、ご飯一膳180g1215
昨日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:チキンライス、オムレツ、コーンポタージュ。

・朝食前血糖値は少し高く、165mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト。
午前中は、現場作業でした。

・昼食前血糖値は低く、46mg/dlでした。
・昼食:「なか卯」親子丼。
午後からは出かけました。

・夕食前血糖値は高く、215mg/dlでした。
・夕食:雑煮、サラダ。インスリン注射量は1単位多く打ちました。

2019-1-19

血糖値食事インスリン注射量ランタス
昨夕時

128

チキンライス、オムレツ、コーンポタージュ

12

15

今朝時165食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト10 
今昼時46親子丼9 
今夕時215雑煮、サラダ1316
一昨日のデータ(朝食前血糖値を解かりやすくするため、昨夕からとします)

・昨夕食:カレーうどん、サラダ。

・朝食前血糖値は高く、207mg/dlでした。
・朝食:食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト。
午前中は、現場作業でした。

・昼食前血糖値は高く、201mg/dlでした。
・昼食:カップ麺。
午後からも、現場作業でした。

・夕食前血糖値は良好で、128mg/dlでした。
・夕食:チキンライス、オムレツ、コーンポタージュ。インスリン注射量は1単位多く打ちました。

2019-1-18

血糖値食事インスリン注射量ランタス
昨夕時

121

カレーうどん、サラダ

12

15

今朝時207食パン1枚、サラダ、ヨーグル ト11 
今昼時201カップ麺12 
今夕時128チキンライス、オムレツ、コーンポタージュ1215

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です